スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)

 10日午前1時15分ごろ、札幌市北区北19西3の市道で、軽ワゴン車が歩道に乗り上げ、近くに住む会社員、金舛政利さん(60)と、同僚の同市南区石山3の6、小山内陽子さん(59)をはねた。小山内さんは病院に搬送されたが頭などを強く打ち間もなく死亡、金舛さんも頭を打つなどの重傷を負った。金舛さんは「同居する長男にはねられた」と話しており、北海道警札幌北署は殺人事件とみて長男の行方を追っている。

 同署によると、軽ワゴン車は歩道上の2人に向かって突進し、小山内さんをひいた後、バックして金舛さんをはねた。軽ワゴンは乗り捨てられ、金舛さん宅に駐車してあった小山内さんのミニバンがなくなっていた。

 軽ワゴン車は金舛さんの長男の名義。金舛さんの同署への説明によると、金舛さんは9日午後11時半ごろ帰宅し、長男と言い争いになり、長男が家を出ていった。仲裁に呼んだ小山内さんと外に出たところをはねられたという。金舛さんは今年に入り、長男が暮らしていたアパートに同居、たびたび口論になっていたという。【片平知宏、坂井友子】

参院選ネットで公開討論会 大阪JC、9予定者が動画も(産経新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
全グループホームに補助拡大=スプリンクラー設置―厚労省など(時事通信)
逮捕の警部補を懲戒免職=捜査資料で連絡、わいせつ容疑―新潟県警(時事通信)
広島原爆死没者の記帳始まる(産経新聞)

<性犯罪>「前兆行為」への指導・警告1229件 警察庁(毎日新聞)

 警察庁は3日、全国の警察本部に設置している「子ども女性安全対策班」の昨年度の活動状況をまとめた。子どもや女性を対象とした「声かけ」や「つきまとい」に対する指導・警告は1229件、公然わいせつや痴漢行為などでの検挙件数は1095件だった。

 子ども女性安全対策班は昨年春に設置。性犯罪の前兆といえる行為について、行為者の特定や指導・警告、検挙を専門としている。今年4月末時点の体制は1043人。【鮎川耕史】

【関連ニュース】
警察庁:日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除
警察庁:児童ポルノ根絶を訓示 少年担当課長会議で
警察庁:安藤長官のカンボジア訪問を中止
警察庁長官:「弘道会に打撃を」都道府県警に要請
児童ポルノ:放置のネット関連事業者に共犯適用も 警察庁

マンション火災、1人死亡=13人重軽傷―札幌(時事通信)
臓器提供の意思表示 運転免許証に表示(産経新聞)
<近畿農政局>360万円横領容疑…前係長を懲戒免(毎日新聞)
閣僚人事は小幅と菅氏示唆=樽床氏「衆院定数を80削減」―民主代表選(時事通信)
<常用漢字>196字追加 文化審が答申(毎日新聞)

【風】授業は遅れ運動会も延期(産経新聞)

 「昨年10月初め、運動会前日に新型インフルエンザで学級閉鎖になり、運動会は直前で延期。それ以降も学級閉鎖がたびたびあって、結局開かれたのは11月初め。まだ休んでいる子も多く、プログラムも半分ぐらいになりました」

 小学生の男の子をもつ奈良県在住の知人女性(44)が振り返った。この学校では、9月末までほとんど感染はなかったが、一気に拡大。女性は「運動会があと1週間早かったら、みんなで一緒にできたのに」と残念がる。

 昨年5月に国内感染が確認された新型インフルエンザは、夏にいったん収まったものの、2学期が始まったころから再び拡大。学校現場で懸念されたのは、子供の健康状態とともに、学級閉鎖が長引くことによる授業時間の不足だった。

 女性の息子が通う小学校の場合、学級閉鎖がいずれ起こるという前提で、授業のペースを速めていた。20分の休憩時間を10分に短縮するなど先生たちも、見えないウイルスに追いかけられるように、急ぎ足で授業を進めざるを得なかったようだ。「おかげで宿題が増えて、息子たちはぶつぶつ言ってましたが」と、女性は苦笑いを浮かべた。

 新型インフルエンザは、子供がかかりやすい上、急性脳症などへの重症化も心配された。厚生労働省のデータによると、急性脳症と診断された患者のうち、15歳未満だけで80%以上を占めた。

 一方、国が定めたワクチン接種の優先順位は、子供はそれほど早くなかった。10月中旬に医師に接種が行われ、11月初めに妊婦らが続いた。小学校低学年までの子供は11月中旬、高学年は12月下旬から始まった。

 子供のワクチン接種がスタートしたころには、すでに多くが感染していたことになる。「結果的に妊婦はほとんど重症化しなかったし、子供をもっと優先して接種すべきだった」と指摘する専門家は多い。

 先の女性が実感を込めて振り返る。「10月からたくさんの子供が感染してしまったし、すでにワクチンどころではありませんでした」(秋)

【関連記事】
学級閉鎖、運動会延期…遅すぎたワクチン 新型インフル感染
新型インフル対策の教訓は重い
学校現場も混乱、「個人情報」の壁 新型インフル感染
タミフル服用死で提訴へ 14歳男子生徒の遺族、愛知
ワクチン争奪戦の後遺症、今も
虐待が子供に与える「傷」とは?

口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
CD制作、安価に手伝い=市施設でプロ仕様の音を―大阪(時事通信)
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
福島氏の訪沖に首相「閣僚として行くのは…」(読売新聞)
ビル解体工事現場で発砲=看板に弾痕、男2人逃走―東京・池袋(時事通信)

避難した種牛、1頭に口蹄疫感染疑い…宮崎(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、同県高鍋町の県家畜改良事業団から約20キロ離れた同県西都市尾八重(おはえ)に避難させていた種牛6頭のうち1頭に感染した疑いがあることが21日、わかった。

 同県の畜産業にとって大きな打撃になる。

<愛知一家5人殺傷>長男の鑑定留置決定 地検豊橋支部(毎日新聞)
殺人 トランクにタクシー運転手の遺体 放火も? 平塚(毎日新聞)
<韓国哨戒艦沈没>官房長官「極めて遺憾」 北朝鮮関与で(毎日新聞)
水墨画などで知られる、岩崎巴人氏死去(産経新聞)
普天間日米大筋合意 具体的工法などは継続協議(産経新聞)

B型肝炎、あす和解協議入り 厚労相ら面会かなわず、届かぬ被害者の苦しみ(産経新聞)

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして国を相手に全国で係争中のB型肝炎訴訟。被告の国は14日に行われる札幌地裁の協議で和解協議入りを表明するとみられているが、原告の患者らには、協議入り前に実現したかったことがある。長妻昭厚生労働相らに直接、被害者の苦しみを伝えることだ。しかし再三にわたる面会要求は拒否され、野党時代から手のひらを返したような対応に憤りを隠せない。患者らの願いはかなわぬまま、訴訟は新たな段階を迎えそうだ。

                   ◇

 「今回こそは、絶対に会ってくれると思っていたのに…」。全国原告団の代表を務める谷口三枝子さん(60)の目には涙が浮かんでいた。

 12日午後。訴訟の早期解決を訴えるため、2日間にわたり都内で活動を行った全国原告団が、東京・霞が関の厚労省を訪れた。早期解決を求める約1万5000人の署名も持参した。あて名は長妻厚労相だ。集まった原告は40人あまり。多くは肝炎を発症し、肝硬変、肝がんに進行している人も少なくない。

 「和解入り前に患者の地獄の苦しみを直接聞いて、理解してほしい」。3月12日に札幌地裁で和解勧告が出て以降、長妻厚労相や仙谷由人国家戦略担当相ら関係閣僚に面会を求めてきた原告団にとって、この日は最後のチャンスだった。

 だが、長妻厚労相は姿を見せなかった。「14日の対応も、全体の方針も確定的に決まったものがない」ことを理由にしている。ほかの閣僚も面会を拒否し続けた。

 こうした国の姿勢に原告の視線は厳しい。民主党は野党時代に肝炎患者の救済を強く訴え、当時の舛添要一厚労相に肝炎患者への面会を迫った“実績”もあるからだ。ある原告団関係者は「構図は普天間の基地問題と一緒。野党時代に期待をさせておいて、いざ政権を取ると前に進まなくなる」と憤る。

 11日には、原告団は民主党本部で高嶋良充筆頭副幹事長や細野豪志副幹事長ら幹部と面談した。「国は原告の声を聞かず、なぜ和解協議に入ることができるのか」「命を守る政治と言いつつ、私たちは軽視されている」。原告からは厳しい言葉が飛んだが、閣僚には伝わらなかったようだ。

国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
白樺ガス田 出資5割超、中国に 政府方針 先行開発を配慮(産経新聞)
転落 ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)
<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)

平城遷都1300年祭 全国の僧侶らが平和の祈り(産経新聞)

 平城遷都1300年祭のメーン会場、平城宮跡(奈良市)で9日、平和を願うイベント「平和への讃歌〜ピースメッセージ」が行われ、宗派を越えて全国から集まった僧侶ら約250人が、復原された第一次大極殿前で市民らとともに世界平和などを祈った。

  [フォト]あの人気者がカプチーノに…

 神仏習合の地である奈良から世界平和をアピールしようと企画。観光客らが見守る中、天平衣装姿の市民らの「天平行列」に続き、僧侶らが宮跡内を第一次大極殿前まで練り歩いた。

 特設ステージで神職らが清めの儀式を営んだ後、僧侶らが読経などで平和を願った。園児約250人が仏教歌「花まつり」も披露し、会場は愛らしい雰囲気に包まれた。

【関連記事】
藤薫る春日大社 "砂ずりの藤”満開を迎える
JR西、3年ぶり上向き GW期間の利用者
絶世“天平美女”の正体は…ロボットでした
平城遷都1300年 天平行列華やかに
1300年の都をJR特急が21年ぶりに走った

介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
高速増殖炉「もんじゅ」 臨界到達(毎日新聞)
大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)
海中、ようやく春 和歌山・串本町(産経新聞)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)

<不正輸出>北朝鮮にピアノなど 広島の会社を家宅捜索(毎日新聞)

 貿易が禁じられている北朝鮮にピアノなどを不正輸出したとして、広島、兵庫両県警は20日、外国為替法違反容疑で、広島市安佐北区のバイク販売会社「サプライダー・トレーディング」や同社の男性社長(59)の自宅など関係先6カ所を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、このバイク販売会社は09年8月、神戸港から中国・大連を通じ、北朝鮮に三十数台のピアノを不正に輸出した疑いが持たれている。男性社長は不正輸出について大筋で認めているという。

 日本政府は09年6月以降、核実験や拉致問題を受け、北朝鮮への輸出を全面的に禁止している。

【関連ニュース】
拉致問題:法改正での被害者給付 蓮池さん夫妻辞退申し出
金賢姫元死刑囚:日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報
黄元書記:「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」
黄元書記:来日、韓国亡命後初 拉致被害者家族らと面談へ
拉致問題:被害者家族会が蓮池透さんの退会発表

南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ−日本(時事通信)
<起し太鼓>1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)
首相動静(4月19日)(時事通信)
<普天間移設>民主県連が「徳之島」撤回要請へ(毎日新聞)
名古屋市議会、市民税10%減税恒久化案否決(読売新聞)

<名古屋市議会>条例に基づく初の報告会 市民100人参加(毎日新聞)

 名古屋市議会が2月定例会で可決した「市議会基本条例」に基づく初めての議会報告会が16日、西区役所講堂であり、市民ら約100人が参加した。議会側からは、正副議長と各会派の幹事長や地元議員ら22人が参加した。

 吉田隆一議長が基本条例の趣旨や条文、議会改革の取り組みを説明。伊神邦彦副議長が2月定例会での予算案の修正理由などを報告した。

 当初質問が集中すると予想されていた議員報酬や定数に関する質問はあまり出なかったが、「海外視察は見直してほしい」「予算の中のどの無駄を削減したか分かりやすく伝わらない」などのさまざまな意見や質問が出された。

 西区の無職、奥村勝さん(65)は「議員の口から議会の話がいろいろ聞けるのは初めて。こういう会をたくさんしてほしい。われわれも勉強しないといけない」と話していた。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も
名古屋市役所:新規採用587人に辞令交付

アイスランド噴火で成田発着22便が欠航(産経新聞)
坊っちゃんは新潟出身? 帝大時代の漱石教え子説(産経新聞)
<中国地震>氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)
雑記帳 猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
中国艦隊10隻が沖縄近海通過=潜水艦2隻、浮上航行−動向を注視・防衛省(時事通信)

坊っちゃんは新潟出身? 帝大時代の漱石教え子説(産経新聞)

 松山市の旧制中学校を舞台に正義感の強い数学教師が騒動を起こす夏目漱石の代表作「坊っちゃん」。無鉄砲で江戸っ子かたぎの主人公、実は新潟出身の英語教師がモデルだった−。新潟県上越市の元教師、勝山一義さん(74)がこんな新説を唱えている。

 勝山さんの説によると、モデルは漱石の東京帝大時代の教え子で、宮城県立第四中学(現角田(かくだ)高校)に赴任した新潟市中央区沼垂(ぬったり)出身の堀川三四郎氏。

 「坊っちゃん」は教頭の赤シャツや同僚教師の野だいこら学校権力の横暴に反発した主人公が1カ月で辞任するまでを描いた小説。ベースは明治36年3月、四中で起こった卒業試験問題漏洩(ろうえい)事件とされ、県視学官・野田藤馬氏らが鎮めたこの事件で校長は降格、処分に不満を持つ教師6人も転出となった。

 坊っちゃんの主人公は事件で主犯とされ学校を去った数学教師、関根万司氏がモデルという説があり、事件直後に赴任した堀川氏は漱石に関根氏を紹介した人物との位置づけだった。勝山さんは堀川氏が1年2カ月という短期間で辞任したことに注目。「堀川氏も義憤に駆られ、不満を持った教師と行動を共にした。漱石はそんな教え子の姿をモデルにした」と唱える。

 勝山さんは堀川氏と小説の主人公に符合する点があると指摘。松山赴任の前、女中の清が「越後の笹飴(ささあめ)が食べたい」とねだる場面は新潟出身の堀川氏を暗示し、赤シャツが「君の前任者がやられた」と話す場面は堀川氏の前任、関根氏の事件を指すとしている。

 堀川氏に勤務先を世話するため、漱石が知人に送った書簡も見つかっている。新説について、作新学院大人間文化学部の片岡豊教授は「着目点は興味深い。新しい解釈が次々と発見されるのも坊っちゃんの魅力」と話している。(高木克聡)

地方選から見える「中央」(産経新聞)
<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気(読売新聞)
車掌2年半キセル乗車…磁気定期券不正に操作(読売新聞)
暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)

<訃報>坊城としあつさん88歳=日本伝統俳句協会理事長(毎日新聞)

 坊城としあつさん88歳(ぼうじょう・としあつ<本名・坊城俊厚=ぼうじょう・としあつ>日本伝統俳句協会理事長、俳人)10日、脳梗塞(こうそく)のため死去。葬儀は16日午前10時、東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場。自宅は同区初台2の23の15。喪主は妻中子(なかこ)さん。

 俳誌「ホトトギス」同人。作品に「坊城としあつ句集」。

<切断両腕>諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)
井上ひさしさん死去 作家、小説「吉里吉里人」 75歳(産経新聞)
自民・園田氏、谷垣総裁に離党届提出(読売新聞)
タイ首相、村本さんの死「心からの弔意」=鳩山首相、早急な調査要望(時事通信)
【瞬!感】シャボン玉ができるまで(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理無料相談
2ショットチャット
無料ホームページ
債務整理
クレジットカードのショッピング枠を現金化
競馬情報
借金整理
無料携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    みっくみく (08/26)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    ウケミン (07/15)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    玉木よしひさ (12/29)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    まろまゆ (12/20)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    パイン (12/14)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • <殺人>息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
    れもんサワー (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM